トータルで考える個人輸入代行利用とは

商品やサービスを選ぶ時、何か一つ秀でた所があるのか、バランスの良いものを選ぶのか、人それぞれ選択の基準は異なると思います。
例えば料理を外で食べる場合でも、味は最高だが店主が食べ方にうるさいお店というのも存在すれば、味はまずまずで接客もまずまずの当たり障りのないレストランも存在します。
2つの内、どちらが良いという事ではないのですが、毎日の様に利用する物ならバランスのとれたサービスの方が安心して利用出来るのではないでしょうか。
ただ、サービスによっては妥協出来ないポイントというのも存在します。
医療に関していえば安全性は妥協出来ないポイントとなるでしょう。
近年、医薬品に関して後発医薬品の利用が多くなっています。
現在では一般的となりつつある後発医薬品ですが、2008年時点で日本国内の医薬品購買費における後発医薬品のシェア率はわずか3%と欧米の52%という数字に対して大変低いものでした。
何故、日本では後発医薬品のシェア率が低かったのでしょうか。
理由は色々とあると思いますが、一般の方が後発医薬品に関する情報を得にくく、安全性が低いのではないか、という誤解を招いていた事も一つの要因だと言えるでしょう。
後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ばれるもので、新薬と同じ主成分を持ちながらリーズナブルな価格で利用出来るお薬です。
新薬は莫大な開発費がかかる事から、どうしても値段を高くしなければ開発費用を回収出来ません。
一方のジェネリック医薬品は、こうした開発費がかからない事から価格を安く設定する事が出来ます。
ジェネリックだからと言って、安全性に問題があるわけではないのです。
2009年以降は日本国内でもジェネリックの利用が推奨される様になり、2011年の数量比で23%のシェア率を実現しています。
この数値は、価格とバランスのとれた製品として、ジェネリック医薬品が認められつつある事を示しているとも言えるでしょう。
ところで、ジェネリックの使用数に関して、実際は厚生労働省が掴んでいない、個人消費がある事をご存知でしょうか。
それが個人輸入代行業者をつかった海外のジェネリック医薬品の利用です。
これは、くすりエクスプレスのような個人輸入代行業者を使って、日本では取り扱われていないジェネリック医薬品を個人的に購入するものです。
この購買方法の主な対象となっているのは、ED治療薬や避妊ピル、ダイエット薬品などです。
特に医師に処方箋を貰わずとも、自由に手に入れることが出来るので、こうした個人輸入代行でのジェネリック使用の実態は厚生労働省も掴めてはいないでしょう。
何故、個人輸入代行を利用するのかと言うと、価格面で非常に安価にジェネリックが手に入るからです。
では、この文章のテーマに掲げた、商品としてのバランスはどうなのでしょうか。
先に名を挙げた、くすりエクスプレスは近年業績を伸ばしている個人輸入代行業者です。
くすりエクスプレスは、ただ安いものを売るだけでなく、厳選されたメーカーの純正品のみを販売しています。
検査も厳格に行われているので、安心して利用出来ます。
こうした事から、医薬品利用において価格の安さと安全性、効能といった要素をバランス良く提供している業者だと言えるでしょう。
この様に、近年では医薬品も価格と安全性の両立を達成しています。

Comments are closed.