日本における海外医薬品の取り扱い事情

海外医薬品を使ってみたいと考えるケースは、幾つかあると思われます。
まず一つは、日本の薬事法によって認可が下りている医薬品による治療に限界を感じた時だと思います。
これは、決して難しい病気に限った事だけではありません。
医療の進んでいる国の一つである日本ですが、諸外国に比べ、有効性や品質、安全性についての審査基準が、とても高いものとなっています。
また詳しく見てみますと、医療のレベルが高いとは言いましても、全ての分野がそうであると言う事はなく、特定の分野においては、日本以上に研究、開発が進んでいるという国もあります。
こうした事情の中、日本の医療の現場で使うことが認められている医薬品を利用して治療に当たるのですが、中には改善の兆候が見られない、効き目が見えてこないという場合があります。
ただし、そこで治療を諦めてしまっては、その当人の健康は道を絶たれてしまいます。
他に何らかの方法がないのか、試してみる価値のある医薬品が存在しないのか、そんな藁をもすがる思いでたどり着くのが、海外医薬品の利用というわけなのです。
最近では、この海外医薬品について、個人での輸入、代行業者による輸入の数が増えています。
これは、いかに多くの方が上記に挙げたような理由から、その必要性を感じた人がたくさんいるということを示しています。
ただし個人輸入について、幾つかの確認すべき点を知っておく必要があるでしょう。
まず前提としてあるのが、個人輸入による海外医薬品の利用は、自己責任であるという事です。
決して日本で認可が下りていないから危険と言っているのではありませんが、その審査基準をパスしていない、照らし合わせていないという事実があります。
したがって用法、用量を守って利用する事はもちろん、万が一何らかのトラブルが発生した場合においても、全てが自己責任となるのです。
仮に、こうしたリスクを少しでも回避したい、個人輸入の続きが難しい、面倒と感じているようであれば、個人輸入を代行している業者、お店を利用するのも一つの手です。
くすりエクスプレスという所があるのですが、こちらで取り扱っている海外医薬品は、配送元である現地の薬剤師さんが厳しい検査を行い、それをクリアしたメーカー純正品のみを扱っています。
つまり、ここで一つ、個人輸入では得られない安心感を得る事ができるのです。
また処方箋や診断書を必要としない事、輸入に掛かる商品税や手数料、国内到着後、お客様にお届けする送料までが無料となっているため、経済的にも、とてもお得な入手先となっています。
医薬品でなくても構いませんが、過去に個人輸入を経験された事がある方なら、その手続きの複雑さ、商品の代金とは別に掛かる諸経費が諸々ある事をご存知でしょう。
こういった負担に思う部分についても、くすりエクスプレスでその面倒を見てくれるというのですから、この点だけを取っても、利用するだけの価値が十分あるとご理解いただけるはずです。

Comments are closed.