薬のランニングコストを押さえる方法

商品を購入する時、品質と費用を天秤にかけて選ぶ事が多いと思います。
例えば、高性能で高級な車が良いとわかっていても、自分の資金を考慮して妥協出来る範囲で車を選ばなければならないという方が大多数でしょう。
毎日の生活の中で消費するものなら、尚の事ランニングコストが気になります。
ですが、品質も疎かにしたくは無い所ですね。
特に、お薬に関してはランニングコストが抑えられるからといって、粗悪で効果のない物を買っていては意味が無くなってしまうばかりか、健康をより害する結果に繋がってしまいます。
そんな中、近年は新薬と同じ主成分を使用しながらも安く利用出来るジェネリック医薬品を利用する方が増えています。
処方箋を貰うときでも「ジェネリック医薬品を選ぶ事も出来ますよ」と言ってもらえる事が多く、一般に浸透して来ている事をうかがわせます。
何故、ジェネリック医薬品は安価で手に入るのかというと、新薬の様に多額の開発費用がかかっていない事から安い値段で提供する事が出来るのです。
ただし、新薬は主成分などに特許が認められており、この特許が切れるまではジェネリック医薬品を開発する事は出来ません。
新薬の開発業者が開発費用を回収して、十分な儲けを確保するにはこうした仕組みが必要なのです。
ですが、消費者としてはいち早くジェネリック医薬品を利用したい所です。
そんな特許が生きている医薬品でも、ジェネリックを手に入れられる方法が存在します。
例えばED治療薬の代表と言えるバイアグラは、日本国内では特許の都合からジェネリック医薬品が開発されておらず、更に保険の対象外である事から購入はある程度高額になってしまいます。
ジェネリック医薬品が認められるまでは我慢する、というのも選択肢の一つですが、海外の医薬品に目を向ける事によっていち早くバイアグラのジェネリックを入手する事が出来ます。
インドには2005年の法改正前は成分に関する特許が存在していませんでした。
この事から、バイアグラのジェネリックを開発、販売する事が出来ているのです。
こうした海外のジェネリック医薬品は個人輸入代行業者を通じて簡単に手に入れる事が出来ます。
例えばくすりエクスプレスもそんな個人輸入代行業者の一つです。
くすりエクスプレスの特徴は、安心して海外の医薬品を手に入れられるという点にあります。
メーカーの正規品しか取り扱っていないので、偽物の薬を買ってしまう様なリスクはありません。
医師の診断書等も要求されませんので気軽に注文する事が出来ますし、送料等も無料です。
実際に、先に挙げたインド製のバイアグラのジェネリック医薬品は、ED治療薬のジェネリックでトップの売れ筋商品となっています。
購入者が多い程に信頼出来る商品だと言えそうです。
商品の配送は中身がわからない様にしてくれますし、郵便局留も可能です。
家族には知られない様に医薬品を購入したい方には嬉しいシステムが用意されています。
この様にして、医薬品の品質とランニングコストの両立を実現してくれるのが、くすりエクスプレスの様な個人輸入代行業者なのです。

Comments are closed.